カテゴリー
未分類

ひさしぶりー

It’s been a while.」(久しぶりだね。)

・「It’s been ages.」(本当に久しぶりだね。)

・「I haven’t seen you for a long time.」(ご無沙汰しております。)

・「It’s a pleasure to see you again.」(またお会いできて光栄です。)

 

友人に久しぶりに会ったときなど、日常生活で使える挨拶の表現には以下のような表現があります。「元気にしてた?」など、会っていなかった間の相手の様子を気遣うニュアンスが含まれている表現もあります。

「It’s been a while.」(久しぶりだね。)
「How have you been?」(やぁ!元気にしてた?)
「What’s up?」(やぁ!最近どう?)

長い間会っておらず、「本当に久しぶり」というニュアンスを出したいときには長い年月を表す「ages」や「long time」を使いましょう。

「It’s been ages.」(本当に久しぶりだね。)
「Long time no see.」(本当に久しぶりだね。)

「Long time no see.」は特にカジュアルな表現として使うことが多くあります。

ビジネスなどのフォーマルな場で「ご無沙汰しております。」と挨拶をする場合は、以下のような表現を使います。

「I haven’t seen you for a long time.」(ご無沙汰しております。)
「It has been a long time since I saw you last time.(ご無沙汰しております。)
「It’s a pleasure to see you again.」(またお会いできて光栄です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください