太宰府天満宮
太宰府天満宮

太宰府に祀ってあるのは、平安時代の政治家です。

菅原道真(すがわら の みちざね)は、承和12年6月25日(845年8月1日) – 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、55歳で没しました。

 日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家です。

忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇進しました。

しかし、左大臣藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ大宰員外帥として左遷され太宰府で没したのですが、

死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となりました。

現在は学問の神として親しまれており、受験シーズンになるとたくさんの受験生が訪れます。

東京の平将門、菅原道眞は、たたりで有名ですね。

太宰府天満宮
太宰府天満宮

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。