商品に頼りすぎない事が重要です

商品に頼りすぎない事が重要です

一番、ありがちなのが、商品やモノに頼りすぎてしまうこと。

 

良い商品であるから売れる。

その通りです。

 

しかし、人間はそれだけではないのです。

 

モノの価値に頼りきりになってしまうと、モノの賞味期限がきれてしまうと何も残りません。何にでも賞味期限があります。売れていた商品もいつか売れなくなる日がくるのです。

 

また、競合品が現れれば価格を下げなくてはいけなくなります。

最後は値引き合戦になりがちです。

 

だからこそ、接客やサービスというモノ以外の面で、いかに付加価値を提供するかが重要になってきます。

 

人のサービス、以外にもできる事があります。

 

お客様の専用のスペースです。専用のスペースで心地良い時間が過ごせる。

 

こういうことで、価格以外の訴求力が打ち出せると思います。

飲食店でも、個室とワンフロアのところとでは、同じものを提供してもイメージが違いますよね。

 

私たちが作る世界にお客さまが共鳴し、訪問や所持することに誇りを持っていただく事が重要です。

 

ならではの価値、世界を提供する事がこれからのビジネスには必要なのです。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。