売上を上げる接客

売上を上げるときめき接客

大手流通や通信など各業界のトップクラス企業は「接客」に磨きをかけ始めています。

少子化、人口減少により、今後の日本国内市場は小さくなっていくことは目に見えています。本格的なデフレ脱却の道筋が見えない中、競合同士の消耗戦を避け、価格以外で差別化を図る企業が増えてきており、また、接客に力を入れない企業は生き残ることが出来ません。

 

接客は、値下げ戦略のように急な売上アップや顧客獲得はできませんが、長期的な顧客満足度の向上によりロイヤルカスタマーを獲得することが今後の生き残りには重要です。

 

値下げや価格では中小企業は大企業には勝つことができません。

大量購入によるスケールメリットを生かした低価格での販売は体力を消耗するだけです。

 

付加価値をつけた価格が高めのブランドには、その価値を伝える接客が欠かせない。

 

大手企業でも接客に力をいれていれ、販売員を配置した後の売り上げは、前年比で2割以上も増加しているところもあります。

接客戦略を強化することはこれからの生き残りには重要です。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。