接客マナー

接客マナー

接客マナーとは些細なことです。

難しい事はありません。

 

例えば、礼をするとき、一般的には手を体の横に真っすぐ下ろすような礼だと、お客さまを緊張させてしまいます。

そこで、手を少し前に出すようにするだけです。すると、お客様が安心して話に耳を傾けてくれます。

 

実に小さなことですが、こうした接客マナーを一つひとつ積み上げ、徹底することで、お客さまが心地良く過ごせるようにしていただけるのです。

 

研修で学んで終わりではなく、その後も日々、スタッフ全員がロールプレイングを繰り返し、身に付けることが重要です。

他のスタッフをお客さま役にして、接客の練習をしたりして、おもてなしのこころを体に覚えさせることで、型にはまり過ぎることなく、自然に最高の接客ができるようになります。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。