Coffee-珈琲の歴史

コーヒーの木がいつ頃から人間に利用されていたかは、はっきりしていない。

 

コーヒー
コーヒー

 

アラビカ種の原産地であるエチオピアのアビシニア高原では、オロモ人(ガラ族)が古くから利用していたとする説があり、薬草または携帯食として潰した果実や葉を獣脂とともに団子状にし、用いていたと考えられている。

 

このほか西アフリカ沿岸では、ヨーロッパ人が1876年に「発見」する以前からリベリカ種が栽培・利用されており、野生種の利用はかなり以前から行われていたようである。

 

文献上の最初の記録は、575年にイエメンを支配したサーサーン朝ペルシャのもので、「当時のアラビア人はコーヒーの実や葉を煎じて飲料を作った」と記述されている。(イエメンはこれに先立つ525年、エチオピアの勢力から侵入を受けている)。

 

 

その後もイエメンではイスラム神秘主義修道者(デルウィーシュ)に眠気覚ましとして用いられたが、宗教的な秘薬に留まっていた。

 

一般民衆に広まったのは、15世紀にファトワーで認められてから以降で、その後イスラム世界全域に拡大した。

 

現在の主要消費地域であるヨーロッパには、16世紀末にオスマン帝国から伝わった。

 

北米にはヨーロッパからの移民によって、1668年に持ち込まれた。1698年にはニューヨークでコーヒー・ハウスがオープンしている。

  1. コーヒーの木の原産地はエチオピアと言われています。
  2. その後にアラビアに伝えられたそうです。
  3. (コーヒー起源伝説Ⅰ) エチオピアの羊飼いのカルディが山羊がコーヒー豆を食べ、元気になるのを見てコーヒーの飲用を発見 しました。
  4. (コーヒー起源伝説Ⅱ) イスラム教の聖者シーク・オマールが鳥がコーヒーの実をついばんでいるのを見てコーヒーの飲用を発見 【消費】10世紀初期 イスラムの世界的医学者ラージー(ラーゼス)が初めてコーヒーの効用について記述
  5. 【消費】11世紀 哲学者医学者のアビセンナ(イブン・シナー)がコーヒーの具体的な飲用法を書き残してる
  6. 【消費】13世紀後期 豆を煎って煮出すようになったと思われる
  7. 【消費】1454年 聖者・碩学シーク・ゲマレンディがアビシニヤ(エチオピア)へ旅しコーヒーの効能を知りイスラム全土に紹介(アラビア語文献がフランス国立図書館に所蔵されている)
  8. 【生産】15世紀頃 イエメン地方でコーヒーノキが栽培されだしたと思われる。(コーヒー豆の繁殖力のあるものは、他国への流出が禁止され、アラビアがコーヒー豆供給を独占していた。)
  9. 【消費】15世紀末 コーランで酒を禁止されているイスラム教徒に熱狂的に飲用されるようになった。 1492年 コロンブスがアメリカ大陸を発見 1500年~1599年
  10. 【生産】1505年 アラブ人によって、イエメンからセイロンへコーヒーノキが伝えられる
  11. 【消費】1510年頃 飲物のコーヒーがカイロに伝わる。(コーヒー飲用がエジプトへ)
  12. 【消費】1511年 メッカ事件(コーヒー弾圧事件)
  13. 【消費】1517年 オスマントルコのセリム1世がエジプトを征服し、コーヒーをイスタンブールに伝える。 (コーヒー飲用がオスマントルコへ)
  14. 【消費】1554年 イスタンブールにコーヒー提供の店「カーヴェハーネ」出現
  15. 【消費】1583年 頃ドイツ人医師で植物学者のレオンハルト・ラウウォルフがエジプトを旅行し、コーヒーの話を印刷物でヨーロッパに紹介 1500年 ブラジルを発見 1519年 マゼラン、世界一周へ出発 1600年~1699年
  16. 【消費】1600年頃 ローマ法王クレメンス8世がコーヒーを「異教徒のみの飲み物にしておくのは惜しい、キリスト教徒の飲み物にせん」と宣言したと伝えられる(キリスト教徒が抵抗無くコーヒーを飲むようになる)
  17. 【消費】1615年 コーヒーがべネチアに伝わる。(コーヒー飲用がヨーロッパ圏へ)
  18. 【消費】1640年 商業目的でオランダ商人ヴルフバインが初めてモカ港よりアムステルダムに運んできて販売 1641年(寛永18) 和蘭商館が平戸から出島に移された。以後に、オランダ人によりコーヒーが出島に持ち込まれることになる。
  19. 【消費】1645年 ヨーロッパ最初のコーヒーハウスがべネチアに開業(イタリアで一般にコーヒーが飲まれるようになる。)
  20. 【消費】1650年 イギリス最初のコーヒーハウスがオックスフォードでユダヤ人のジェーコブスによって開業
  21. 【消費】1652年 ロンドンにコーヒーハウスがパスカル・ロゼーによって開業。
  22. 【生産】1658年 オランダ人がセイロンでコーヒーの栽培を試みる
  23. 【消費】1668年頃 北アメリカにコーヒーが伝わる
  24. 【消費】1670年頃 コーヒーがドイツに伝わる
  25. 【消費】1672年 パリにアルメニア人パスカルがカフェを開店 【消費】1680年 イギリスでコーヒーハウスを利用した郵便制度ができる
  26. 【消費】1683年 ウイーン包囲失敗でトルコ軍が残したコーヒー豆でコルシツキーがウイーンで最初のコーヒーハウスを開業
  27. 【消費】1685年 フランスの著名な医師モナンが健康に良いとカフェオレを勧める
  28. 【消費】1686年 パリのコメディ・フランセーズに、後に多くの著名人が集うことになるカフェ・プロコールが開店した。
  29. 【生産】1695年 イスラム教巡礼者ババ・ブータンがイエメンからインド・マイソール(インド南西岸)ヘ繁殖力のあるコーヒー豆を伝える。(インドで生産が始まる)
  30. 【生産】1699年 オランダがインド・マラバル(インド南西岸)からコーヒーノキの苗木を運搬しオランダ領インド諸島(ジャワ島)へ持ち込んだ。インドネシアの全てのアラビカ種の先祖となる。(やがて、ジャワ島が大供給地となる。)

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。