自分で買わないものが売れるのか?

バイクの季節になってきました。

もう、日中は暖かく、ツーリングしているバイカーも増えてきました。

街で見るのは、125の小型二輪、ゼファーやXJRなどの絶版4気筒400や、ハーレーなど。

新型車より絶版車が多いような。

バイクの新車販売台数は1981年の761万台をピークに減少、

2015年は37万3千台となりました。

最盛期のなんと4%です。

販売台数と比較すると、事故件数はそれほど減少していません。

世界での日本メーカーのシェアは44%

「二輪車大国」の日本はどうしてしまったんでしょうか???

二輪はつくるが、自国では売れない、乗らない。

これでは、いつか衰退してしまうのでは???

日本政府、なんとかしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください