FELTのタイヤの交換を決意した。

 

サイクリング

タイヤの交換。

古くなったタイヤを交換することにした。

アマゾンで シュワルベのマラソンとチューブを購入。耐久性がいいそうだ。前輪はブリヂストン。

ブリヂストンの自転車用のタイヤは日本では作っていないらしく、台湾製です。

ちなみにシュワルベはドイツ製でした。

シュワルベは固い。取り付けに結構時間がかかりましたが、取り付けてみると作りの感じがいいです。人気があるのもわかります。しっかりしています。

数年間放置していたママチャリをレストア。タイヤを新しいものにまず交換。アマゾンで27 13/8のタイヤを探してみると、ブリヂストンのチューブとタイヤの2本セットで3000円以下で見つけました。安い。。。 今はパナソニックの耐パンクタイヤのスーパータフが標準でついてました。グレードは落ちますが、あまり乗らないと思われるため、購入。二日後、クロネコヤマトが配達してくれました。チューブはすでにタイヤに装着されていました。梱包をはずし、まず、前輪を装着。後輪も取り替えようと思ったら、あれ?15cmのレンチがありませんでした。。。残念。サイクリングの傍らホームセンターで15センチのレンチを購入。後輪はまた、後日交換です。

ついでにダイソーによって、のりはがしスプレーと自転車用のパンクスプレーを購入。この200円のパンクスプレーが優れもので、小さい穴のパンクをふさいで同時に空気も入れてくれます。小型スプレーのりののようなもので、タイヤ1本分の空気がスプレーに入っており、パンクしたタイヤにノズルをあて、空気を充てんするとともに小さい穴をふさいでくれます。サイクリングに携帯すると便利です。

 

山に登る。私のサイクリングの到達点は山に登ること。自宅から8キロほどの所に一の宮の神社があります。神社の標高300メートル。ここに上るのが目標です。標高300メートルで4キロです。300メートルを4000メートルで割ると0.075です。7.5%の勾配です。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。