カテゴリー
カラオケ チャレンジするってよ

JOYSOUND

高得点を狙うための練習のコツ

カラオケJOYSOUND

https://www.joysound.com/web/s/joy/bunseki

曲をよく聞いて、しっかり覚えましょう。

まずは曲をよ~く聞き込んで、歌詞をずっと見ていなくても歌えるようにしましょう。歌詞を覚えていればしっかりと声を出し音程を合わせることやテクニックに集中できるので余裕をもって得点を狙うことができます。Point!

カラオケの採点は原則、ガイドメロディをお手本としています。練習で歌う時にはメロディの音程を画面でしっかり見たり、ガイドメロディの音をよく聞いて歌うことが高得点への一番の近道といえるでしょう。

  • 手順1
  • 手順2
  • 手順3

オススメ!

知っていましたか?採点をしない時でもガイドメロディを表示できる機能があるんです。これを使って、ガイドメロディを見ながら正確な音程で歌う練習をしましょう!

歌う環境をチェックしましょう!

せっかく上手に歌っても、声がきちんとマイクに入力できていなければ高得点は狙えません!カラオケのマイクは単一指向性マイクといって、ある方向からの音しか拾わないように設計されています。採点をするときは、下の図のように正しい持ち方で歌いましょう!Point!

  • 正しい持ち方
  • 悪い持ち方

歌唱のポイント

  • キーは原曲キーではなくても点数に影響はありません。自分にあったキーで歌いましょう。
  • ビブラートしゃくりフォールなどの歌唱テクニックも適度に織り交ぜて歌いましょう。https://www.joysound.com/web/s/joy/bunseki
カテゴリー
カラオケ チャレンジするってよ

JOYSOUND

高得点を狙うための練習のコツ

カラオケJOYSOUND

https://www.joysound.com/web/s/joy/bunseki

曲をよく聞いて、しっかり覚えましょう。

まずは曲をよ~く聞き込んで、歌詞をずっと見ていなくても歌えるようにしましょう。歌詞を覚えていればしっかりと声を出し音程を合わせることやテクニックに集中できるので余裕をもって得点を狙うことができます。Point!

カラオケの採点は原則、ガイドメロディをお手本としています。練習で歌う時にはメロディの音程を画面でしっかり見たり、ガイドメロディの音をよく聞いて歌うことが高得点への一番の近道といえるでしょう。

  • 手順1
  • 手順2
  • 手順3

オススメ!

知っていましたか?採点をしない時でもガイドメロディを表示できる機能があるんです。これを使って、ガイドメロディを見ながら正確な音程で歌う練習をしましょう!

歌う環境をチェックしましょう!

せっかく上手に歌っても、声がきちんとマイクに入力できていなければ高得点は狙えません!カラオケのマイクは単一指向性マイクといって、ある方向からの音しか拾わないように設計されています。採点をするときは、下の図のように正しい持ち方で歌いましょう!Point!

  • 正しい持ち方
  • 悪い持ち方

歌唱のポイント

  • キーは原曲キーではなくても点数に影響はありません。自分にあったキーで歌いましょう。
  • ビブラートしゃくりフォールなどの歌唱テクニックも適度に織り交ぜて歌いましょう。https://www.joysound.com/web/s/joy/bunseki
カテゴリー
チャレンジするってよ

「JOYSOUND」の「分析採点マスター」

「JOYSOUND」の「分析採点マスター」

ジョイサウンドホームページによると、3,000人を超える歌のサンプルを実際に人が採点し、歌が上手に聴こえる要素を徹底的に調査。そのデータを使い、数多くの楽曲を手がけたアーティスト中西圭三氏の監修のもと、人間の感覚に近い採点アルゴリズムを開発しました。これにより、従来より歌唱データを細かく分析することができ、人の感覚に近い評価・採点が可能になつたそうです。

音程強化モード

音程強化モード

苦手なフレーズを繰り返し練習できる音程強化モード。音程一致率が85%未満だったエリアが対象となり、クリアするまで次に進めない怒涛の特訓!繰り返し歌う事で、音程を確実にステップアップさせることができます。

「人の感覚に近づける」をテーマに新採点システムが開発されています。
新たに音程強化モードが搭載され、苦手なフレーズを繰り返し練習することができ、音程を確実にステップアップできるようになりました!ヒトカラの際には試してみたい機能です!
こちらも音程はもちろん!以下の4つの加点方式となっています。

音程、安定感、抑揚、ロングトーン、テクニックの5つの項目ごとの得点を確認することができます。

  • 音程: 歌った曲全体の音程一致率を基に点数化しています。
  • 安定感: 音程がブレずに安定して歌唱できているかを表しています。
  • 抑揚: Aメロ・Bメロ・サビなど、曲の展開に応じて抑揚をつけているかを評価しています。
  • ロングトーン: 正しい音程で、安定して声を伸ばせているかを表しています。
  • テクニック: こぶし、しゃくり、ビブラートの3つをテクニックとして採点しています。


・安定感・・・音程がぶれずに安定して歌唱できているか
・抑揚・・・Aメロ・Bメロ・サビなど、曲の展開に応じて抑揚をつけているか
・ロングトーン・・・正しい音程で、安定して声を伸ばせているか
・テクニック・・・こぶし、しゃくり、ビブラートの3つをテクニックとして採点

(2)「JOYSOUND」分析採点Ⅲの採点システム

分析採点Ⅲは「音程」「安定感」「抑揚」「ロングトーン」「テクニック」で以下のように得点します。


音程 → 40点
安定感 → 30点
ロングトーン → 10点
抑揚 → 15点
テクニック → 5点


「音程」
 JOYSOUNDも得点配分が多いのは「音程」です。
DAMと同じくガイドメロディーのとおりに歌えているかどうか、画面に表示されるバーと自分の音程の一致で点数化するところも同じです。
プラスマイナス1/8半音以内であれば合っていると判定されています。
1ページのうち一部をはずすのでは減点になりませんが、多くの部分で1/8半音以上がずれると減点になります。はじめはガイドメロを大きくし正しい音程を丁寧に正確に歌唱する事を心掛けましょう。


「安定感」
こちらも同じですが、歌詞に気を取られず、バーを見ながら歌えるよう、歌詞をしっかりと覚えることが大切です。
ビブラートの安定感も必要となってきます。声の大きさを自在にコントロール出来る力と、余裕の有る発声力が有ればより高得点を狙えるはずです。


「抑揚」
1曲を通してAメロ、Bメロ Cメロ等それぞれのセクションの中で抑揚がつけられているかどうかが配点基準になっています。


「ロングトーン」
安定して声をのばせているか。途中で絶えないように日頃からのトレーニングが必要です。


「テクニック」
こぶし、しゃくり、ビブラートの3つで採点されます。


「分析採点の嬉しいシステム」
この記事を読んでいる方は、一人でカラオケに行くことも多いと思います。そこで、試していただきたいのが、”プレイバック機能”採点が終わった直後に聞きなおすことができる機能です。
自分の苦手な箇所をチェックして、練習に役立てましょう!

カテゴリー
カラオケ チャレンジするってよ

カラオケ高得点

カラオケで高得点を狙うには!

コツと裏技&おすすめ曲を大公開

iPhoneやパソコンなどでカラオケのアプリが多くあります。挑戦してみると思ったよりも点数が取れずガッカリ!。
会社の同僚や友達とカラオケに行く機会もへりましたが、
高得点のコツをつかんで周りを驚かせちゃいます!

「DAM」なのか「JOYSOUND」なのか?

(1)「DAM」 の人気の採点シリーズ「精密採点DX–G」

テレビなどで話題の「精密採点DX」がさらにパワーアップしたのが「精密採点DX–G」。100点越えで採点する「精密採点ミリオン」も登場!!
精密採点は、音程を重視しているそうですが、つぎの4つの加点もあります。


・こぶし・・・音を細かく動かす装飾音的な節回し
・ビブラート・・・歌に余韻を生むために、音の最後で声を揺らすテクニック
・フォール・・・本来の音程から低い音程に向かって滑らかにずり下げる
・しゃくり・・・下から上へ、しゃくりあげながら歌う歌唱テクニック

音程が最優先の「カラオケ採点システム」

DAMは、採点項目が細かく、JOYSOUNDよりも採点が厳しいそうです。DAMでは得点が低くても、JOYSOUNDだと高得点が出る人が多い傾向にあります。

(1)「DAM」精密採点DXの採点システム

精密採点DXは「音程」「安定性」「表現力」「リズム」「ビブラート&ロングトーン」を100点満点で採点し,総合点を出しています。なかでも「音程」が最も重要です。


「音程」
画面に表示される音程バーと自分の音程の合っている割合で採点。

虹色が90%以上、金色が80%以上、赤色が70%以上、青色は60%以上で音程バーの上に”キラキラ”が現れます。

 
「表現力」
こちらは、抑揚、こぶし、しゃくり、フォールの回数で採点されます。


「ビブラート」
ビブラートは1秒以上でないと評価対象になりません。
また早いビブラートより遅いビブラートの方が採点上有利。


「安定性」
安定性でも高得点を得るために、正しい音程で歌い続けられるかが大切です。安定性の評価を高めて、上手なビブラートをかけることが重要です。声の震えも検知されるのでビブラートには注意が必要です。

「リズム」
リズムは実音より遅いタメより早い走りの方が減点が大きいそうです。テンポが遅めの曲では少し走り気味で歌うと高い評価が得られます。

3.カラオケで高得点を狙うコツと裏技

(1) ガイドメロディを覚える
採点基準となるのはガイドメロディです。音程をしっかりあわせることが大切です。また、できれば原曲キーでいきたいところですが、ご自身の歌いやすい音程にキーを合わせた方が高得点を狙えます。

(2) マイクを持つ位置は大丈夫?

マイクヘッド部分を握るとマスキングされ収音しにくくなることがあります。また、ずっと口に近づけていると抑揚がつきにくくなります。サビ部分ではマイクを近づけて、サビ以外では少し遠ざける等の工夫が必要です。表現力の評価では、抑揚がもっともポイントが高く,マイクの使い方ひとつで評価にも影響あります。

(3) 自分流になってない??安定が大事。

苦手な音程の動きや苦手なリズムが誰しも有ると思います。苦手な所は徹底的に練習しましょう。

(4) 100点をとるコツ!

まずはガイドメロを基準に音程をしっかりとり、安定性のある状況で歌うことです。その上で抑揚やビブラートなど表現力をつけてゆきましょう。その採点基準のポイントとなるところをつかみクリアしてゆくことが大切です。

カテゴリー
カラオケ チャレンジするってよ

カラオケ高得点

カラオケで高得点を狙うには!

コツと裏技&おすすめ曲を大公開

iPhoneやパソコンなどでカラオケのアプリが多くあります。挑戦してみると思ったよりも点数が取れずガッカリ!。
会社の同僚や友達とカラオケに行く機会もへりましたが、
高得点のコツをつかんで周りを驚かせちゃいます!

「DAM」なのか「JOYSOUND」なのか?

(1)「DAM」 の人気の採点シリーズ「精密採点DX–G」

テレビなどで話題の「精密採点DX」がさらにパワーアップしたのが「精密採点DX–G」。100点越えで採点する「精密採点ミリオン」も登場!!
精密採点は、音程を重視しているそうですが、つぎの4つの加点もあります。


・こぶし・・・音を細かく動かす装飾音的な節回し
・ビブラート・・・歌に余韻を生むために、音の最後で声を揺らすテクニック
・フォール・・・本来の音程から低い音程に向かって滑らかにずり下げる
・しゃくり・・・下から上へ、しゃくりあげながら歌う歌唱テクニック

音程が最優先の「カラオケ採点システム」

DAMは、採点項目が細かく、JOYSOUNDよりも採点が厳しいそうです。DAMでは得点が低くても、JOYSOUNDだと高得点が出る人が多い傾向にあります。

(1)「DAM」精密採点DXの採点システム

精密採点DXは「音程」「安定性」「表現力」「リズム」「ビブラート&ロングトーン」を100点満点で採点し,総合点を出しています。なかでも「音程」が最も重要です。


「音程」
画面に表示される音程バーと自分の音程の合っている割合で採点。

虹色が90%以上、金色が80%以上、赤色が70%以上、青色は60%以上で音程バーの上に”キラキラ”が現れます。

 
「表現力」
こちらは、抑揚、こぶし、しゃくり、フォールの回数で採点されます。


「ビブラート」
ビブラートは1秒以上でないと評価対象になりません。
また早いビブラートより遅いビブラートの方が採点上有利。


「安定性」
安定性でも高得点を得るために、正しい音程で歌い続けられるかが大切です。安定性の評価を高めて、上手なビブラートをかけることが重要です。声の震えも検知されるのでビブラートには注意が必要です。

「リズム」
リズムは実音より遅いタメより早い走りの方が減点が大きいそうです。テンポが遅めの曲では少し走り気味で歌うと高い評価が得られます。

3.カラオケで高得点を狙うコツと裏技

(1) ガイドメロディを覚える
採点基準となるのはガイドメロディです。音程をしっかりあわせることが大切です。また、できれば原曲キーでいきたいところですが、ご自身の歌いやすい音程にキーを合わせた方が高得点を狙えます。

(2) マイクを持つ位置は大丈夫?

マイクヘッド部分を握るとマスキングされ収音しにくくなることがあります。また、ずっと口に近づけていると抑揚がつきにくくなります。サビ部分ではマイクを近づけて、サビ以外では少し遠ざける等の工夫が必要です。表現力の評価では、抑揚がもっともポイントが高く,マイクの使い方ひとつで評価にも影響あります。

(3) 自分流になってない??安定が大事。

苦手な音程の動きや苦手なリズムが誰しも有ると思います。苦手な所は徹底的に練習しましょう。

(4) 100点をとるコツ!

まずはガイドメロを基準に音程をしっかりとり、安定性のある状況で歌うことです。その上で抑揚やビブラートなど表現力をつけてゆきましょう。その採点基準のポイントとなるところをつかみクリアしてゆくことが大切です。