「おやじチャレンジするってよ」カテゴリーアーカイブ

アラフィフを迎え、悔いのない人生を送るためにチャレンジし始めたおやじ。大丈夫か?

個人アフィリエイターによる 所得税の確定申告情報まとめ

個人アフィリエイターによる
所得税の確定申告情報まとめ

※当ページ記載情報は平成28年1月時点での法令に基づくものです
個人アフィリエイターが負担する税金には、「国税(=所得税)」と「地方税(=個人住民税)」の2種類があります。確定申告では税務署に「国税(=所得税)」の申告を行うことで、「地方税(=個人住民税)」の申告も同時に行ったことになります。

ここからは、所得税の確定申告についての説明です。地方税については知りたい方はお住まいの市町村のホームページをご覧いただくか、市町村の住民税の係にお問い合わせください。

個人アフィリエイターの場合、所得税の確定申告は“原則必要”となっており、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を所轄の税務署に行う必要があります。期限に遅れた場合でも提出が必要です。
ただし、下記いずれかのケースの場合、確定申告は不要となります。

【1】アフィリエイトなどの副業所得が、年間20万円以下の会社員
1社から給料を受け取り年末調整をされている会社員(給与所得者)の方で、アフィリエイトなど副業からの総所得が年間20万円以下の場合は、確定申告は不要。

【2】会社勤めやアルバイトをされておらず、アフィリエイトなどの年間所得が38万円以下の方(専業主婦や学生を含む)
基礎控除という控除が38万円ありますので、所得の合計が38万円以下なら確定申告は不要となります。
ただし、会社勤務やアルバイトや派遣などで給与所得を得ている場合は、給与所得とアフィリエイトなどの所得の合計が38万円以下かどうかで判定します。

■国税庁タックスアンサーNo2020: 確定申告
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

 

=確定申告における「所得」とは=

間違われる方が多いのですが、所得税は“収入”ではなく、“所得”に課税されます
「所得」とは、アフィリエイト報酬などの「収入」から、アフィリエイト報酬を得るために要した「必要経費」を引いた金額になります。

所得には種類があり、個人アフィリエイターの場合は下記のどちらかになります。

1) 事業所得 = アフィリエイトを事業として行っており継続的に収入がある場合
2) 雑所得 = アフィリエイトは副業で取り組んでおり、事業レベルの収入が無い場合

このうち、「事業所得」を得ている個人アフィリエイターは、確定申告で「青色申告」を選択する事が可能です。

 

=青色申告制度について=

青色申告制度とは、収入金額や必要経費に関する日々の取引の状況をしっかり記帳し、その記帳に基づいて正しい申告をすることで、所得金額の計算などについて有利な取扱いが受けられる制度のことです。

青色申告を選択する事で、所得から“青色申告特別控除”として最高65万円を引く事ができ、“青色事業専従者給与”により配偶者や親族に払ったお給料が全額経費として認められ、さらに3年間の赤字繰り越しが出来る、といった様々な特典が受けられます。

また青色申告を行う事で、アフィリエイト事業の現在の収支状況や、今後の取り組みなどについても深く考えるキッカケになります。ビジネスとしてアフィリエイトに取り組まれる方は、青色申告をお勧めします。

■国税庁タックスアンサーNo2020: 青色申告制度について
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

【注意!!】青色申告には事前の届け出が必要です

新たにアフィリエイトを事業として始め、確定申告で青色申告を選ぶ場合、開業届や青色申告承認申請書などの届け出を事前に行う必要があります。2015年1月~12月の所得を青色申告で確定申告を行えるのは、

① 2015年3月15日までに「青色申告承認申請書」を税務署に提出した方
② 2015年内にアフィリエイト事業を開始し、事業を開始した日から2ケ月以内に「青色申告承認申請書」を提出している方

のいずれかになります。2015年1月~12月のアフィリエイト事業収入が多かったから、2015年度の所得を青色申告しようと2016年に入ってから思われた場合、届出期間が過ぎているため青色申告は行えませんのでご注意ください。

本気でアフィリエイトに取り組まれる方は、早めに開業届や青色申告承認申請書などの届け出を行っておきましょう。

 

=アフィリエイトの「収入」=

所得税における「収入」には、おカネだけでなくモノや権利などで受領したものも含まれます。
そのため、アフィリエイトの場合、ポイントで受領したものも収入になります。
また、アフィリエイト報酬が銀行口座に振込された時ではなく、受領する権利が確定したとき(=振り込まれる報酬金額が確定した時)に収入になります。

ASPからの振り込みが1月にあったとしても、その振込金額が前年12月に確定していた場合は、前年度のアフィリエイト収入になりますのでご注意ください。収入の考え方と計算方法は下記国税庁のページをご覧ください。

■国税庁タックスアンサーNo2200: 収入金額とその計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm

 

=アフィリエイトの「必要経費」=

アフィリエイトにおける「必要経費」は、アフィリエイト報酬を得るために必要とした支出です。個人アフィリエイターは普段の生活費と、アフィリエイトの支出をしっかり区別する必要があります。アフィリエイト業務と無関係な支出は、経費にはできません。

また、アフィリエイトにおける「必要経費」が生活費と一緒になっている場合(居宅の一部を業務で使用している場合など)は、アフィリエイト業務で必要な部分を明確に区分し、その部分のみ経費として計算する必要があります(経費の按分と言います)。必要経費についての詳細は下記国税庁のページをご覧ください。

■国税庁タックスアンサーNo.2210: やさしい必要経費の知識
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
『アフィリエイトにおける必要経費リスト(例示)』
※全額経費として計上するには、アフィリエイト用途のみに使っている事が条件となります。

□消耗品費:
10万円以下のパソコン、デジタルカメラ、プリンター、インク、パソコンソフトなど。
10万円以上のパソコン等については、減価償却資産として、減価償却を行うこととなります。

□新聞図書費:
アフィリエイト業務に必要な関連書籍、運営サイトやブログに関連するジャンルの情報誌の購入代金など

□通信費:
インターネット・プロバイダー費用、レンタルサーバー代金、独自ドメイン代金、など

□旅費交通費:
アフィリエイト勉強会に参加するための交通費・宿泊費など

□雑費:
勉強会やワークショップなどへの参加費、ASPの振込手数料、など

 

=確定申告をしよう!=

確定申告の時期は、毎年2月16日~3月15日です。万一期限に遅れた場合でも確定申告の提出は必要ですので、アフィリエイト収入のある方は忘れずに確定申告を行いましょう。

確定申告の申告書の作成および提出は、紙もしくは電子申告で行う事が可能です。2015年度の所得の確定申告書は、国税庁ホームページに開設された「平成27年分確定申告特集」のページから作成可能です。

■国税庁:平成27年分確定申告特集
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/index.htm

 

=収入と経費の記録と書類の保存=

アフィリエイトを事業所得として申告する方の場合、確定申告に活用した帳簿や書類は、所定の期間(7年又は5年間)保存しておく必要があります。

アフィリエイトを雑所得として申告する方でも、税務署から申告内容の問い合わせや税務調査などを受けたときに、収入や経費をきちんと説明できるよう関係書類は整理して、確定申告の控えとともに保存しておいたほうがよいでしょう。

2014年1月からは、個人で事業を行うすべての人に記帳と帳簿書類の保存が必要となりました。青色申告をしない方も、38万円以下の事業所得しかない方(確定申告が不要とされる方)も記帳と保存が必要です。

■個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm

 

=お問い合わせについて=

確定申告の手続きや記帳及び保存に関する質問については、各ASPや日本アフィリエイト協議会に問い合わせるのではなく、まずは国税庁ホームページをご覧いただくか、最寄りの税務署にお尋ねください。

最寄りの税務署は国税庁ホームページの「国税局・税務署を調べる」のページから確認できます。

■国税庁ホームページ
http://www.nta.go.jp/

■「国税局・税務署を調べる」ページ
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

 

出典

個人アフィリエイターによる所得税の確定申告情報まとめ

 



 

複数回献血クラブ

複数回献血クラブ

 

複数回献血クラブは、安全な献血者を安定的に確保することを目的として運営しています。

年間複数回、400mL献血・成分献血にご協力頂ける方を募集しています。

登録いただいた方には血液センターから『献血のお願い』や『献血キャンペーン情報』などのメールが届き、会員特典もございます。

 

Coffee-珈琲の歴史

Coffee-珈琲の歴史

コーヒーの木がいつ頃から人間に利用されていたかは、はっきりしていない。

 

コーヒー
コーヒー

 

アラビカ種の原産地であるエチオピアのアビシニア高原では、オロモ人(ガラ族)が古くから利用していたとする説があり、薬草または携帯食として潰した果実や葉を獣脂とともに団子状にし、用いていたと考えられている。

 

このほか西アフリカ沿岸では、ヨーロッパ人が1876年に「発見」する以前からリベリカ種が栽培・利用されており、野生種の利用はかなり以前から行われていたようである。

 

文献上の最初の記録は、575年にイエメンを支配したサーサーン朝ペルシャのもので、「当時のアラビア人はコーヒーの実や葉を煎じて飲料を作った」と記述されている。(イエメンはこれに先立つ525年、エチオピアの勢力から侵入を受けている)。

 

 

その後もイエメンではイスラム神秘主義修道者(デルウィーシュ)に眠気覚ましとして用いられたが、宗教的な秘薬に留まっていた。

 

一般民衆に広まったのは、15世紀にファトワーで認められてから以降で、その後イスラム世界全域に拡大した。

 

現在の主要消費地域であるヨーロッパには、16世紀末にオスマン帝国から伝わった。

 

北米にはヨーロッパからの移民によって、1668年に持ち込まれた。1698年にはニューヨークでコーヒー・ハウスがオープンしている。

  1. コーヒーの木の原産地はエチオピアと言われています。
  2. その後にアラビアに伝えられたそうです。
  3. (コーヒー起源伝説Ⅰ) エチオピアの羊飼いのカルディが山羊がコーヒー豆を食べ、元気になるのを見てコーヒーの飲用を発見 しました。
  4. (コーヒー起源伝説Ⅱ) イスラム教の聖者シーク・オマールが鳥がコーヒーの実をついばんでいるのを見てコーヒーの飲用を発見 【消費】10世紀初期 イスラムの世界的医学者ラージー(ラーゼス)が初めてコーヒーの効用について記述
  5. 【消費】11世紀 哲学者医学者のアビセンナ(イブン・シナー)がコーヒーの具体的な飲用法を書き残してる
  6. 【消費】13世紀後期 豆を煎って煮出すようになったと思われる
  7. 【消費】1454年 聖者・碩学シーク・ゲマレンディがアビシニヤ(エチオピア)へ旅しコーヒーの効能を知りイスラム全土に紹介(アラビア語文献がフランス国立図書館に所蔵されている)
  8. 【生産】15世紀頃 イエメン地方でコーヒーノキが栽培されだしたと思われる。(コーヒー豆の繁殖力のあるものは、他国への流出が禁止され、アラビアがコーヒー豆供給を独占していた。)
  9. 【消費】15世紀末 コーランで酒を禁止されているイスラム教徒に熱狂的に飲用されるようになった。 1492年 コロンブスがアメリカ大陸を発見 1500年~1599年
  10. 【生産】1505年 アラブ人によって、イエメンからセイロンへコーヒーノキが伝えられる
  11. 【消費】1510年頃 飲物のコーヒーがカイロに伝わる。(コーヒー飲用がエジプトへ)
  12. 【消費】1511年 メッカ事件(コーヒー弾圧事件)
  13. 【消費】1517年 オスマントルコのセリム1世がエジプトを征服し、コーヒーをイスタンブールに伝える。 (コーヒー飲用がオスマントルコへ)
  14. 【消費】1554年 イスタンブールにコーヒー提供の店「カーヴェハーネ」出現
  15. 【消費】1583年 頃ドイツ人医師で植物学者のレオンハルト・ラウウォルフがエジプトを旅行し、コーヒーの話を印刷物でヨーロッパに紹介 1500年 ブラジルを発見 1519年 マゼラン、世界一周へ出発 1600年~1699年
  16. 【消費】1600年頃 ローマ法王クレメンス8世がコーヒーを「異教徒のみの飲み物にしておくのは惜しい、キリスト教徒の飲み物にせん」と宣言したと伝えられる(キリスト教徒が抵抗無くコーヒーを飲むようになる)
  17. 【消費】1615年 コーヒーがべネチアに伝わる。(コーヒー飲用がヨーロッパ圏へ)
  18. 【消費】1640年 商業目的でオランダ商人ヴルフバインが初めてモカ港よりアムステルダムに運んできて販売 1641年(寛永18) 和蘭商館が平戸から出島に移された。以後に、オランダ人によりコーヒーが出島に持ち込まれることになる。
  19. 【消費】1645年 ヨーロッパ最初のコーヒーハウスがべネチアに開業(イタリアで一般にコーヒーが飲まれるようになる。)
  20. 【消費】1650年 イギリス最初のコーヒーハウスがオックスフォードでユダヤ人のジェーコブスによって開業
  21. 【消費】1652年 ロンドンにコーヒーハウスがパスカル・ロゼーによって開業。
  22. 【生産】1658年 オランダ人がセイロンでコーヒーの栽培を試みる
  23. 【消費】1668年頃 北アメリカにコーヒーが伝わる
  24. 【消費】1670年頃 コーヒーがドイツに伝わる
  25. 【消費】1672年 パリにアルメニア人パスカルがカフェを開店 【消費】1680年 イギリスでコーヒーハウスを利用した郵便制度ができる
  26. 【消費】1683年 ウイーン包囲失敗でトルコ軍が残したコーヒー豆でコルシツキーがウイーンで最初のコーヒーハウスを開業
  27. 【消費】1685年 フランスの著名な医師モナンが健康に良いとカフェオレを勧める
  28. 【消費】1686年 パリのコメディ・フランセーズに、後に多くの著名人が集うことになるカフェ・プロコールが開店した。
  29. 【生産】1695年 イスラム教巡礼者ババ・ブータンがイエメンからインド・マイソール(インド南西岸)ヘ繁殖力のあるコーヒー豆を伝える。(インドで生産が始まる)
  30. 【生産】1699年 オランダがインド・マラバル(インド南西岸)からコーヒーノキの苗木を運搬しオランダ領インド諸島(ジャワ島)へ持ち込んだ。インドネシアの全てのアラビカ種の先祖となる。(やがて、ジャワ島が大供給地となる。)

商品に頼りすぎない事が重要です

商品に頼りすぎない事が重要です

一番、ありがちなのが、商品やモノに頼りすぎてしまうこと。

 

良い商品であるから売れる。

その通りです。

 

しかし、人間はそれだけではないのです。

 

モノの価値に頼りきりになってしまうと、モノの賞味期限がきれてしまうと何も残りません。何にでも賞味期限があります。売れていた商品もいつか売れなくなる日がくるのです。

 

また、競合品が現れれば価格を下げなくてはいけなくなります。

最後は値引き合戦になりがちです。

 

だからこそ、接客やサービスというモノ以外の面で、いかに付加価値を提供するかが重要になってきます。

 

人のサービス、以外にもできる事があります。

 

お客様の専用のスペースです。専用のスペースで心地良い時間が過ごせる。

 

こういうことで、価格以外の訴求力が打ち出せると思います。

飲食店でも、個室とワンフロアのところとでは、同じものを提供してもイメージが違いますよね。

 

私たちが作る世界にお客さまが共鳴し、訪問や所持することに誇りを持っていただく事が重要です。

 

ならではの価値、世界を提供する事がこれからのビジネスには必要なのです。

接客マナー

接客マナー

接客マナーとは些細なことです。

難しい事はありません。

 

例えば、礼をするとき、一般的には手を体の横に真っすぐ下ろすような礼だと、お客さまを緊張させてしまいます。

そこで、手を少し前に出すようにするだけです。すると、お客様が安心して話に耳を傾けてくれます。

 

実に小さなことですが、こうした接客マナーを一つひとつ積み上げ、徹底することで、お客さまが心地良く過ごせるようにしていただけるのです。

 

研修で学んで終わりではなく、その後も日々、スタッフ全員がロールプレイングを繰り返し、身に付けることが重要です。

他のスタッフをお客さま役にして、接客の練習をしたりして、おもてなしのこころを体に覚えさせることで、型にはまり過ぎることなく、自然に最高の接客ができるようになります。

レクサスの秘密

心のこもった接客
お客さまに気持ち過ごしていただくための接客マナーを学ぶことが重要です。

たとえば、アメリカで高級車の販売ブランドとしてトヨタ自動車が立ち上げた「レクサス」。アメリカから日本に逆上陸するときには、車の品質、ラグジュアリー性以外に取り入れたのが「おもてなし」の接客です。

室町時代から伝わる日本の伝統的礼法の一つである心のこもった接客
お客さまに気持ち過ごしていただくための接客マナーを学ぶことが重要です。

たとえば、アメリカで高級車の販売ブランドとしてトヨタ自動車が立ち上げた「レクサス」。アメリカから日本に逆上陸するときには、車の品質、ラグジュアリー性以外に取り入れたのが「おもてなし」の接客です。

レクサスでは、室町時代から伝わる日本の伝統的礼法の一つである「小笠原流礼法」を取り入れ、レクサス流に作り上げた接客マナーを「レクサスカレッジ」で社員に学ばせています。
で立ち振る舞いからモノの受け渡しの方法、礼の仕方、話し方など、細かいところにも気を配って、お客さまを心から「おもてなし」できるよう教育しています。 「小笠原流礼法」を取り入れ、レクサス流に作り上げた接客マナーを「レクサスカレッジ」で社員に学ばせています。
で立ち振る舞いからモノの受け渡しの方法、礼の仕方、話し方など、細かいところにも気を配って、お客さまを心から「おもてなし」できるよう教育しています。

おもてなし

おもてなし

おもてなし接客に必要なのは、お客様にへつらうことではありません。

 

私たちがお客様のご要望やニーズを深く理解することです。

 

お客様の一人ひとりが私たちのサービスを通して幸せであるよう心を尽くすことです。

 

たった一人のお客様のために親身になって考えることです。

 

おもてなし接客におけるカスタマーサービスは、商品やサービスと並ぶ重要な位置づけを担っています。

 

商品やサービス、につけくわえて心づくしの接客。

 

その双方が高い次元で調和することこそがお客様に喜ばれる接客体験です。

 

私たちは一人ひとりのお客様を、自分自身の大切なゲスト、友人として自宅へ招待するかのごとく、おもてなしの心で接することが重要です。

 

ひとりひとりのお客様が抱いているニーズや、不満、迷いを伺い、期待を越える対応とおもてなしによって、お客様にご満足していただくことが、重要なのです。

 

 

 

 

「ほとめき」とは、福岡県の筑後地方の方言で「おもてなし」の意味です。

売上を上げる接客

売上を上げるときめき接客

大手流通や通信など各業界のトップクラス企業は「接客」に磨きをかけ始めています。

少子化、人口減少により、今後の日本国内市場は小さくなっていくことは目に見えています。本格的なデフレ脱却の道筋が見えない中、競合同士の消耗戦を避け、価格以外で差別化を図る企業が増えてきており、また、接客に力を入れない企業は生き残ることが出来ません。

 

接客は、値下げ戦略のように急な売上アップや顧客獲得はできませんが、長期的な顧客満足度の向上によりロイヤルカスタマーを獲得することが今後の生き残りには重要です。

 

値下げや価格では中小企業は大企業には勝つことができません。

大量購入によるスケールメリットを生かした低価格での販売は体力を消耗するだけです。

 

付加価値をつけた価格が高めのブランドには、その価値を伝える接客が欠かせない。

 

大手企業でも接客に力をいれていれ、販売員を配置した後の売り上げは、前年比で2割以上も増加しているところもあります。

接客戦略を強化することはこれからの生き残りには重要です。

太宰府天満宮 菅原道真はたたり神な件

太宰府天満宮
太宰府天満宮

太宰府に祀ってあるのは、平安時代の政治家です。

菅原道真(すがわら の みちざね)は、承和12年6月25日(845年8月1日) – 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、55歳で没しました。

 日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家です。

忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇進しました。

しかし、左大臣藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ大宰員外帥として左遷され太宰府で没したのですが、

死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となりました。

現在は学問の神として親しまれており、受験シーズンになるとたくさんの受験生が訪れます。

東京の平将門、菅原道眞は、たたりで有名ですね。

太宰府天満宮
太宰府天満宮