「MAC」カテゴリーアーカイブ

アドビ クリエイティブクラウドを契約してみた

アドビ クリエイティブクラウドを契約してみた

各種アドビのソフトが、使用できる。

Adobe Creative Cloudは、Adobe Photoshop、Illustrator、InDesign、Adobe Premiere Proなどのデスクトップ用のアプリが使用できるのはもちろん、「クラウド」ならではのモバイルアプリをご利用いただけるので、いつどこでもクリエイティブな創作活動ができます。

 Adobe Stockをはじめとした様々な素材に、アプリケーション内からいつでも自由にアクセスできます。

 

使用できるアプリケーションとしては、

  • Photoshop

    世界最高峰のプロフェッショナル画像編集ツール

  • Lightroom

    撮影から仕上げまで。写真を極めるすべてがここに

  • Illustrator

    進化し続けるベクターグラフィックツール

  • InDesign

    印刷および電子出版のためのページデザインとレイアウト

  • Premiere Pro

    4Kにも対応する映像編集ツール

  • After Effects

    映画クオリティのVFXとモーショングラフィックス

    Dreamweaver

    Webサイトやモバイルアプリケーションのデザイン

    Adobe Muse

    コード記述不要のWebサイトデザイン

     

  • Animate

    Flash ProfessionalがAdobe Animate CCになりました。マルチプラットフォーム対応のインタラクティブなアニメーション制作

  • Fuse(プレビュー版)

    Photoshopで利用可能な3Dキャラクターを作成

    体験版ダウンロード

  • Acrobat Pro DC

    PDFとフォームのためのトータルソリューション

    Bridge

    すべての制作アセットを一元管理

  • Flash Builder

    IDEでFlashアプリをコーディング、モバイルデバイス向けパッケージを作成

  • InCopy

    共同編集ワークフローをスムーズに

  • Prelude

    メタデータの取り込み、ログ記録、ラフカット作成

  • Adobe Media Encoder

    事実上すべての画面で再生可能なビデオファイルをすばやく出力

    体験版ダウンロード

  • Adobe Slate

    語句や画像を動かす

  • Scout

    Webおよびモバイルデバイス用Flashゲームのプロファイル

  • SpeedGrade

    フィルムフィニッシングとカラーグレーディング

  • Story Plus(英語版)

    シナリオ作成、レポート作成、スケジュール管理の連携ツール

  • PhoneGap Build

    クラウドでモバイルアプリをパッケージ化

  • Prelude Live Logger

    よりスマートなビデオのログ作成で作業をスピードアップ

  • Creative Cloud

    デスクトップからCreative Cloudアプリとサービスにすばやくアクセス

  • Gaming SDK

    ActionScriptゲームを制作

  • Extension Manager

    拡張機能を簡単にインストールして管理

  • ExtendScript Toolkit

    クリエイティブアプリケーションにスクリプトを追加

Macで、ディスプレイ画面の一部をスクリーンキャプチャする方法

ディスプレイ画面の一部をスクリーンキャプチャする

Macでは、OSの標準の機能としてディスプレイ全画面のスクリーンショットを撮影する他に、ディスプレイ画面の一部や特定のウィンドウ、アプリケーションのメニューをキーボードショートカットでスクリーンショット撮影することができます。

ディスプレイ画面の一部のスクリーンショットを撮影

まず、「Command」キーと「Shift」キーと「4」キーを同時に押します。すると、十字のカーソルに変わりますので、そのままドラッグすると下のように撮影範囲を選択できます。

Macのキャプチャ機能でディスプレイ画面の一部のスクリーンショットを撮る方法 Inforati 1

そして、撮影範囲を決めたらマウスのボタンを離します。すると、デスクトップ上にドラッグで選択した撮影範囲がスクリーンショット画像として保存されます。

ここで撮影範囲を限定するかなり便利な小技を紹介します。

1、マウスをドラッグして撮影範囲を決める段階になったら、撮影範囲を適当な大きさに広げ「スペース」キーを押したままにしてみてください。撮影範囲の大きさがそのまま固定され動かすことができます。

2、撮影範囲を適当な大きさに広げたら、「Shift」キーを押したままにしてみてください。そして、横方向または縦方向に動かすと、動かさない方向の撮影範囲の長さが固定されます。つまり、横方向や縦方向の長さを完全に固定して撮影範囲の大きさを変えることができます。

3、「Option」キーを押したまま撮影範囲の大きさを変更しようとすると撮影範囲の中央を基点として撮影範囲が変わるようになります。

また、「Control」キーを押しながら「Command」キーと「Shift」キーと「4」キーを押すとデスクトップ上に画像が現れるのではなくクリップボードにコピーされます。

撮影したスクリーンショットの画像ファイルのフォーマットを変更するには、記事「Macのキャプチャ機能で撮れるスクリーンショットのファイル形式を変える方法」を参考にしてください。

特定のウィンドウのスクリーンショットを撮影

同じく、「Command」キーと「Shift」キーと「4」キーを同時に押します。

そして、そのまま「スペース」キーを一回押すとカーソルが「カメラ」に変わります。そこで、撮影したい特定のウインドウの上にカメラカーソルを持っていきクリックすると下のようにウインドウのみのスクリーンショットが撮影できます。

なお、撮影したウインドウの影をなくすように設定を変更するには、記事「Macのスクリーンキャプチャ機能で撮影したウインドウの影をなくす方法」を参考にしてください。

Macのキャプチャ機能でディスプレイ画面の一部のスクリーンショットを撮る方法 Inforati 2

アプリケーションのメニューのスクリーンショットを撮影

アプリケーションのメニューも特定のウインドウと同じように撮影できます。

一度メニューを出してからカメラカーソルで撮影してください。下のように撮影できます。

Macのキャプチャ機能でディスプレイ画面の一部のスクリーンショットを撮る方法 Inforati 3

以上、Macのキャプチャ機能で画面の一部などのスクリーンショットを撮る方法でした。

 

Macのキャプチャ機能でディスプレイ画面の一部のスクリーンショットを撮る方法