「献血」タグアーカイブ

献血は体にいいのか? 献血2回目

献血
献血

前回から三ヶ月以上たつたので、献血です。
20キロくらい離れたイオンにやってきました。

 

 

献血車が来ているのを、ネットで予めチェック。400ml献血しました。

 

献血の前後にジュースを1本づついただきました。

献血の時間は、約20分。

テキパキと看護師さんが血を抜いてくれます。

 

献血すると頭がスッキリします。

 

腰痛も軽減しました。

 

バイクも乗り始めて、腰をつかうので、献血なのか?

 

バイクなのかわかりませんが、腰痛は、以前に比べダイブよくなりました。

 

血液の成分は、あまり変わりません。

 

ドロドロ血を抜いて、新しく作れば、コレステロール値が下がるのでは?

 

と思っているのですが、

 

ならないのでしょうか?

 

検証していきたいと思います。

http://line.me/S/sticker/1208746
http://line.me/S/sticker/1208746

 

帰りに、お土産?の歯磨き粉をもらって、イオンを後にしました。

 

おやじチャレンジ LINEスタンプ
おやじチャレンジ LINEスタンプ

 




おやじチャレンジ 本当に献血をしたら健康になるのか?

人間の血液の量は、体重の約13分の1と言われているそうです。

おやじチャレンジ LINEスタンプ
おやじチャレンジ LINEスタンプ

私は65キロなので、体内の血液の量は5キロということになります。

日本人の血液の標準比重は、男性で1.02から1.060、女性で1.049から1.056

との事なので、4.7L(4700cc)ほどの計算になります。

献血は400cc か、200ccなので、400ccであれば、私の血液の8.5%を抜き取る事になります。

献血後の血液の「量」は、水分を摂取することにより短時間で回復するそうなので、献血後は、十分に水分を取らなくてはいけません。

おやじチャレンジ LINEスタンプ
おやじチャレンジ LINEスタンプ

回復する速さには個人差がありますが、目安として、血漿成分は約2日、血小板成分が約4~5日、赤血球は約2~3週間で回復するそうです。

献血したら、血液の成分が完全に回復するまで献血ができないので、400cc献血した場合は次の献血まで12週間空けなくてはいけません。

前回の献血から12週間が過ぎました。

また、献血をしてみたいと思います。

献血は体にいいのか?

献血を定期的にしようと思っている。

古来から、瀉血という治療法があるらしい。

血液ドロドロなんだが、体の中だけで、これを治すのは時間かかるんじゃない???

献血は、400CCだと、体の血液の8%を抜くことになります。血液の8%抜いて、

新しく体内で血液作ったら、その分悪い血液うすまるんじゃないかと

素人の考え。

ちなみに瀉血とは、wikiで調べると下記の通りでした。

瀉血(しゃけつ)とは、人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つである。 古くは中世ヨーロッパ、さらに近代のヨーロッパやアメリカ合衆国の医師たちに熱心に信じられ、さかんに行われた。 だが、現代では実は医学的根拠は無かったとされる。 現在の瀉血は限定的な症状の治療に用いられるのみである。

 

血液が赤紫

昨日、献血をしてみたのだが、

血を見ると赤紫色。

まるで、野菜生活の紫野菜の色。。。

 

隣の若い女性は赤かった。

私たちのからだを流れている「血液」は、体重の約8%を占めていいるそうで、

70kgの私は、5.6kgが血液の計算になる。日本人の血液比重は、

男性 1.052 ~ 1.060
女性 1.049 ~ 1.056

らしい。仮に1とすると、

400ccの献血は、全体の血の7%の計算になる。

7%の悪い血液の中の成分が取り除かれるのだから、

定期的に繰り返すと、血液の中の悪い成分が減少するのではないか???